Shimizu Dental Clinic
清水歯科医院

入れ歯・義歯

義歯の種類(保険外の義歯)

当院では総入れ歯・義歯の材質について、まず患者さまのご希望をお聞きし、次に患者さまの口の中の状態やアレルギーがあるかどうか診査し、もっとも良いと思われる方法を提示させて頂きます。そして、最後に患者さまに決めて頂いております。

総義歯の種類

◆ レジン義歯床

一番多く使われる材料ですが、従来の製作法ですと、レジン製の総入れ歯・義歯は生成時に収縮しやすく、また厚みもあるため、違和感があると言われていました。しかし、当院では「シラシステム」という、超精密な入れ歯・義歯を作る製法にておつくりしますので、非常に薄くてフィットする総入れ歯・義歯を作ることが可能です。(ただし下の総入れ歯・義歯は、あごの土手の状態により、厚くなることがあります)

◆ 金属義歯床

総入れ歯・義歯の床を金属でおつくりするので、丈夫で落としても割れづらく、また耐久性がよく、熱が伝わりやすいので、お食事の熱さや冷たさをそのまま感じることができます。また、非常に薄いため違和感が少なく、3種類の材料の中では一番しゃべりやすいと思います。

Step.4 カウンセリング、ご説明

お口の中の状態をチェックした資料を元に、現在の状況(治療の必要な箇所)を詳しくご説明し、現在お困りの点、今後の希望などをお伺いした後で、治療期間の目安や治療費用などの治療計画をご提案します。患者様の同意をいただいた上で次の段階に進みます。

◆ コンフォート(生体シリコン)義歯床

コンフォートは硬い入れ歯・義歯の裏面を、生体シリコンというクッションで覆った総入れ歯・義歯です。生体シリコンは弾性があり、入れ歯・義歯でグッと噛んだときの、歯ぐきにかかる負担をやわらげるとともに、吸盤のように密閉性があるので、吸着力がよいことが特長です。しかし、入れ歯・義歯の厚みが増すため、患者さまによっては違和感を覚える場合もございます。