当院の設備

最新鋭CT装置

インプラント治療を安全に行うために欠かせない、CTスキャン装置。レントゲン撮影の際、パノラマ写真とCTをマルチに切替えることができ、スピーディーな診断を可能にするため、最新鋭のCT装置を導入いたします。これにより、患者さんのお口(骨の厚さ・形状など)の状態を、これまでより正確に把握し、時間と治療コストを抑えることができるようになります。

コンピュータに映し出された 3D口腔内の画面

当院では、インプラント用に開発された3Dコンピューターシミュレーションシステムを使用しています。これは、CTにて撮影した数百枚の連続画像を処理し、患者さんの骨格を立体的に再現します。その立体情報に基づいて、インプラント埋入位置のシミュレーションができるので正確な診断と治療計画が可能になっています。

サージボーン

サージボーンは、Silfradent社(イタリア)が開発した、超音波振動によるピエゾエレクトリックサージェリー法を実施する手術用医療機器です。切削部分の長さ・深さを正確にコントロールでき、非常に精密な骨切り(Osteotomy)を可能にします。軟組織に損傷を与えず、手軽に安全に骨切削を行うことができます。

適応術式

  • 抜歯
  • 歯根尖切除
  • サイナスリフト
  • インプラント部位の下準備
  • 矯正治療
  • 歯内療法
  • リッジエクスパンション
  • 骨採取
  • 骨成形・骨切り
  • 義歯の下準備
  • スケーリング・ルートプレーニング(SRP)

サージガイド

サージガイド-SurgiGuideは、SimPlantの治療計画データより作成される、光造型によるサージカルガイドで、治療計画通りの安心で確実なオペの実現を支援します。 症例にあわせガイドを支持するタイプがあり、多くの症例に適用が可能です。骨支持タイプには、骨モデルから制作することによって、オペ前にドリルのリハーサルを行います。 ドリリング位置と角度をコントロールするスタンダードタイプに対し、セーフシステム-SAFE Systemは、更にドリリング深度・インプラント埋入深度までコントロールできるタイプです。ストッパー付のセーフドリルを使用できます。 歯科インプラント用ドリルガイドとして日本で薬事申請済みです。

オゾン治療を導入

当医院では、オゾン治療用の機器を導入しております。オゾンによって虫歯菌を殺菌し、再石灰化を促進することで虫歯を治療するという治療法です。

マイクロサージャリー

マイクロサージャリーとは、マイクロ(=微小)サージャリー(=外科)、つまり微小外科のことです。患者さんが難症例で精度が要求される術式のとき、通常の目視による手術よりも、顕微鏡を覗きながら行って、安全にかつ精度を高める手術のことです。当医院では保険治療・自費治療を問わず、正確さが要求される治療において、積極的に活用しています。これにより、インプラント等のミクロン単位の精度が要求される手術でも、正確にオペを執り行うことができます。

サイト内検索: